Pad Strapをプチリニューアル

幅を30mm→35mmへ

30mm幅を、少し余裕を持たせるために35mm幅に変更します。裏返しにする工程があるのですが、どうしてもある程度の幅が必要になるのです。幅がないと、なかなか返すのが大変で、25mm幅の時はキツかったです。30mmでも製作には問題ないのですが、あと少し、5mmでも広がればと考えていました。

もう1つは、ロゴタグの幅が30mmなので、それを綺麗に縫い付けるには、タグ幅と同じ30mmだとギリギリすぎるのです。ここにも余裕が必要だったということです。

クッション材を入れず、ロゴもピスネームに変更すれば、製作工程が変わりますので、25mmも30mmも問題ないですが、どうしても、バックパックのショルダーハーネスのように、クッション材の入ったショルダーストラップが作りたいので、パッド無しは考えていません。

両端を絞る

クッション材入りショルダーストラップ Robic Black。
クッション材入りショルダーストラップ HDPE White

両端を少しだけ絞るようにしました。もう少し丸みを出したり、細くしたいところですが、そうすると裏返しにする作業が難しくなるので、このくらいが限界です。末端部分は、クッション材も入らない部分のため、縫い付けると、少し平べったくなりがちで、本体幅より広がりやすかったのです。それを、少し細くすることで、解決できました。

関連記事

5mm厚クッション材と3mm厚ダブルラッセルで作ったショルダーストラップ 長期間・長時間・長距離のサコッシュ使用時に、肩への食い込みや負荷を今より減らして、快適に歩きたい・使いたい…、そんな想いに応えるショルダーストラップです。 […]

幅に関しては、実際には多少の誤差はでます。30mmで製作しても、実寸は32mmだったりすることがありますので。数値上は35mmですが、30mm幅との差はほとんどないと言えます。(以前製作していた25mm幅とは、明らかに幅が違っていますが)

35mmと聞くと、そんなに太いのは…と思う方がいるかもしれませんが、サコッシュやカメラのストラップとして、違和感なく使えると考えています。できれば40mm、50mmと幅広に対応していきたいくらいです。現時点では、35mm幅としていますが、より重い物を掛けたい場合に、幅の広いパッド入りストラップは一定のニーズがあると思いますので、お気軽にご相談ください。対応可能です。

予約注文について

納期は約2~3ヶ月です。ご理解の上でご注文をお願い致します。お届けの目安は、2020年1月末以降とお考えください。

在庫品が1本だけあります。長さ54cmと短めですが、宜しければご検討ください。

asobitogear(アソビトギア)

Pad Strapの在庫商品になります。 ※決済完了後、5日以内(土日祝除く)に発送いたします。   Coyote(Ro…

最新情報をチェックしよう!
>子供達の日常にUltralightを!

子供達の日常にUltralightを!

高機能アウトドア素材こそ、子供達のウェアや道具に使われるべきではないか。そんな疑問を抱き、子供達にも大人と同じUltralightな道具を使って欲しいと願い、asobitogearは生まれました。

CTR IMG