薄さと軽さにこだわったダイニーマスタッフサック

ダイニーマ Dyneema® Composite Fabric(DCF)のスタッフサックについて。

薄さにこだわり

0.67ozのダイニーマを使用したスタッフサックーDyneema® Composite Fabric Stuff Sack
Dyneema® Composite Fabric Stuff Sack / 0.67oz

写真は0.67ozのカモ柄DCFを使ったスタッフサックです。(size:25cm-30cm)

asobitogearでは、ダイニーマ(DCF)のスタッフサックは0.51ozと0.67ozを使用しています。初めて0.51ozを触った感触は、とても薄く、すぐ穴が開くのでは?という印象。ただ、そんな心配をよそに、一年間ほど使い続けてきましたが、現時点では何の問題もなく、数々の山行でマストアイテムとして活躍してくれています。「スタッフサックはこの薄さで十分ではないか。いや、寧ろ、この薄さが丁度良い」と感じています。0.8ozや1.0ozの生地が一般的かもしれませんが、それさえも、厚く重く感じてしまうほどに、一度使ってしまうと病みつきになります。

ボンディングにこだわり

ダイニーマスタッフサックは複数使いがとても便利ーDyneema® Composite Fabric Stuff Sack

ミシンを使わないボンディング加工になりますので、一番の役割は「防水性」なのですが、パッキングには6〜7枚のスタッフサックを使い、細かく小分けするタイプとしては、「少しでも軽く」という意識もあります。このバランスが、asobitogearの求めているものであり、同じように感じ、探している方々が少なからずいらっしゃるだろうということで、販売しております。

すべてのスタッフサックをダイニーマに切り替えたからこそ、安心してダウンシュラフやダウンジャケット、着替えなどを入れておけますし、濡れたテントなどと同居させても心配はありません。ダイニーマスタッフサック、オススメです。

商品詳細について以下のページをご覧ください。

関連記事

Dyneema Composite Fabricsを使用した、ミシンを使わない、ボンディングにこだわった軽量スタッフサック Dyneema Composite Fabrics(旧称キューベンファイバー)は、軽量防水素材。一見、ゴミ袋[…]

最新情報をチェックしよう!
>子供達の日常にUltralightを!

子供達の日常にUltralightを!

高機能アウトドア素材こそ、子供達のウェアや道具に使われるべきではないか。そんな疑問を抱き、子供達にも大人と同じUltralightな道具を使って欲しいと願い、asobitogearは生まれました。

CTR IMG