Pen Case

子供達が学校生活で使う道具を、アウトドア目線でリプレイスしていく。これも、asobitogearでやりたい事の一つ。「軽さ」を求める場合もあれば、「耐久性」を求める場合もある。今回は筆箱の話で、求めたのは「耐久性」。

箱から布へ

学校で使う筆箱。入学当初、多くの家庭で、箱型の筆箱を購入されると思います。最初は箱型の筆箱を使うようにという決まり・ルールがあるみたいですね(そうじゃない所もあると思いますが)。ただ、三年生あたりからは、箱タイプではない、布製ペンケースに替える子も多いようで、これもいついつからOKという噂レベルの話なので、詳しくはわかりませんw。

去年の授業参観で、長男のクラスでは、周りの子供達が布製の筆入れを使っているのを多く見かけました。息子からも筆箱を変えたい。作って欲しいとリクエストあり。四年生ともなると、箱型の筆箱は持ち歩きたくないようです。

もちろん、作ること自体は問題ないですが、市販品に似たものを作るのもちょっと…、できれば他と違うものを作りたい…と考えていたら、アイデアも思い浮かばず、なかなか着手できず、かなり待たせてしまいました。ふと、良いアイデアというか、コンセプトが浮かんだので、やっと形に。と言うほど独創的なデザインではないのですけどw。

とにかく、長く使えるようにと、頑丈な生地で、飽きのこない形状・カラーを考えながら作りました。

Double Face

なんてことはないです。表と裏の生地を切り替えて、ツートンにしてみただけです。上下ではなく表と裏。ダブルフェイスペンケース。

どちらも生地はコーデュラナイロン(500デニール)で、オリーブドラブ×ブラック。

こちらは、カーキ×ブラック。

頑丈なコーデュラナイロン

もはや説明不要のコーデュラナイロン。軽さはないですが、耐久性という安心感があります。ランドセルカバーもそうですが、軽さにこだわれば、X-pacかもしれませんが、適材適所ならぬ、適生地適所?という観点なら、頑丈さを求める時はコーデュラナイロンでしょうか。もちろん、好みもありますけどね。

そんなコーデュラナイロンを使ったペンケースがないのか?というと、普通に売っています。ただ、学校で使いやすく最適化されているかと言えば、そうではないのです。いくつか見ましたが、子供からの要望を満たすものではなかったです。

だからこそ、コーデュラナイロンを使った、使いやすいペンケースをasobitogearで作るということに、意味があるのだと思います。

機能

まず、ファスナーでガバっと開くことが大事。出し入れがしやすいこと。ただ、下の方まで開けちゃうと、中身がこぼれ落ちゃうので、ほどほどの高さまで。そして、両サイドにそれぞれインナーポケットがあること。しかも形状違いで。

1つは、間仕切りしただけのマチ付き簡易ポケット。消しゴムや鉛筆削り、メモなどの小物を分けて入れやすいように。マチのおかげで、消しゴムと鉛筆削りがすっぽりと。

もう1つが、ファスナー付きポケット。ここには、コンパスや分度器・定規などが入れられて、はみ出さないようにファスナーを。試作1号は、ファスナーなしでしたが、納まりが悪く、意味をなしてなかったので、ファスナー付きにして、飛び出さないように。生地はfibermax64を使い、少しだけ軽量化。

ど真ん中のメインスペースには、ありったけの鉛筆と液体のりなど大物をざっくりと入れる。箱型では入らなかったのりも一緒に同居してるのが、布製ペンケースの良さでもある。

ありそうでなかった、コーデュラナイロンを使った、ファスナーがガバっと開いて(こぼれ落ちない程よい高さ)、出し入れしやすく、両サイドにタイプ違いのポケットが付いたペンケースが完成しました。

使い手(小学生)の目線に立ち、ある用途に最適化された道具というものは、作っていて気持ち良いものです。あくまで筆入れが前提ですが、他用途にも転用できると思います。ペグケースとして使うのも良いですし、両サイドにカラビナをかけるループがありますので、ザックに外付けして小物入れにしても良いと思います。

サイズ

従来の箱型筆箱を参考に、近いサイズにしています。マチは、もう少しあっても良いかもしれませんが、嵩張らないくらいの、丁度良い数値ではないでしょうか。

横:約22cm
高さ:約9cm
マチ幅:約4cm

四隅を丸くしており、開発中のヒップバッグも同じパターンで作る予定なので、スキルアップも兼ねて、この形状にこだわりました。

関連記事

ヒップバッグ(ウエストポーチ)の試作品を持ってフィールドテストへ。 ぶらぶら対策 ずっと作りたかったヒップバッグ。ウエストポーチとか呼び名は様々ですが、腰周りに付けるバッグのこと。たすき掛けするサコッシュは、「歩く」ハイキング[…]

在庫販売

そこまで需要があるものではないので、受注予約ではなく、いくつか在庫製作し、販売するという方法を取らせていただきます。カーキ×ブラック、オリーブ×ブラック、マルチカムカモ×ブラックなどを近々ReStock予定です。アーバングレーカモも残生地を活用して数点作りたいと思います。

価格は2400円を予定しています。

最新情報をチェックしよう!

Productsの最新記事8件

>子供達の日常にUltralightを!

子供達の日常にUltralightを!

高機能アウトドア素材こそ、子供達のウェアや道具に使われるべきではないか。そんな疑問を抱き、子供達にも大人と同じUltralightな道具を使って欲しいと願い、asobitogearは生まれました。

CTR IMG