easton gold24 pegcase DCF

Dyneema Composite Fabricを使ったイーストン・ゴールド24インチペグ専用ケース

雪山テント泊でよくみかける、金色に光るなが~い、なが~いロングペグ。あれは、イーストンゴールドの24インチ(約60cm)ペグです。

そんなインパクトのあるロングペグを裸のまま、バックパックのサイドポケットに収納するのは格好良いですよね。ですが、付着した雪や泥でサイドポケットを汚したくない、内部の荷物を濡らしたくないということもあるはずです。そんな時には、ペグ収納袋があると便利ですよね。

DCF(=Dyneema Composite Fabric)を使うことで、見た目を損なうことなく、かつ軽量で防水。「裸のままも良いけど、ケースに収めるのも悪くないな」そう思わせてくれる道具だと思います。案外、まとまっている方が、パッキングが楽だったりするものです。このペグケースは、「まとめる」のが目的であり、そのために、ストレスなく出し入れできるよう入口は広く設計しています。4~5本のロングペグを差し込んで、くるっと巻いて、バックパックのサイドポケットへどうぞ。スッキリ収納できますよ。

ペグケースとして使わない時は、車用の傘袋にもなりますし、買い物時のネギやごぼう袋にもなってしまう優れもの…なんです。

仕様

ペグの出し入れ時、ストレスがかからないように上部を広くした設計です。細い入口に、数本のペグをサッと入れることは、案外難しいです。難しいというよりも、余計な時間がかかってしまうと言った方が良いかもしれません。そういう小さなストレスをなくすために、上部を広く設計しています。

ボトム部分には水抜き用のハトメを。また、写真でもわかるように、全てボンディング(接着)処理をしていますので、完全防水になります。

重さは約4g。60cmのペグケースとしては、かなりの軽量化だと思います。無くても良いものですが、あると便利です。

くるっと丸めて、バックパックのサイドポケットへ。

ループタブに輪ゴムを通せば、ご覧の通りペグ本体もひとまとめ。様々なカスタムがあると思いますので、是非ご自身の使いやすいようにカスタムしてみてください。

  • 雪山での使用を想定し、出し入れしやすいように上部を広くした設計
  • ミシンを使わず、テープによるボンディング処理(※但し、ループ部分は縫製)
  • 重さ約4g
  • 底部に水抜き用のハトメあり
  • ループ部分をS字フックなどで引っ掛けると、車内用傘袋としても使えます

製作背景

ダイニーマを使用した Easton Gold 24インチペグ専用ケース

サイズ

縦:約60cm
横:最大幅約15cm/最小幅約4cm

素材

Dyneema Composite 0.8oz

カラー

・Gray(0.8oz)

収納本数

5~6本は問題なく収まります。~8本も可能だとは思いますが、末端の幅が狭いため、最適本数は5~6本としております。

※ボトム部分の水抜きがベルクロになっている過去の写真は、2018年1月にハトメ(5mm径)に仕様変更しております。

最新情報をチェックしよう!

Dyneema Composite Fabricの最新記事8件

>子供達の日常にUltralightを!

子供達の日常にUltralightを!

高機能アウトドア素材こそ、子供達のウェアや道具に使われるべきではないか。そんな疑問を抱き、子供達にも大人と同じUltralightな道具を使って欲しいと願い、asobitogearは生まれました。

CTR IMG