DCF StuffSacks Bonding

Dyneema Composite Fabricsを使用した、ミシンを使わない、ボンディングにこだわった軽量スタッフサック

Dyneema Composite Fabrics(旧称キューベンファイバー)は、軽量防水素材。一見、ゴミ袋に見えちゃうくらいなんだけど、見た目とは裏腹に、とても軽くて、防水性の高い高機能素材です。そんな素材を使ったスタッフサック。ミシンで縫わず、ボンディング(接着)加工で作った防水性の高いスタッフサックなのです。

こだわりポイント

1.ボンディング加工

スタッフサックの主な役割に防水性を求めるなら、断然、ボンディング加工になります。ミシンを使えば、製作も楽になり、マチを付けたり形も自由度が増すのですが、縫い目を作ることで防水性が低下してしまいます。

asobitogearが販売するスタッフサックは、パッキングを楽にする、荷物を小分けにするためのスタッフサックという側面よりも、例えば、濡れたテントからシュラフやダウンジャケット、着替えなどを守るための「防水性」を重視したスタッフサックとなります。

ただし、開口部は巾着タイプになっていますので、そこから浸水する可能性は高いですが、パッキング時に巾着の閉じ口を下に向けるなどの工夫をすれば、軽減されるはずです。

2.薄い生地を使用

0.51ozと0.67ozを使用しています。一年程使い続けた結果、この薄さで何ら問題はなく、寧ろ、スタッフサックはこのくらい薄く、軽い方が良いという結論に至りました。是非、一度味わっていただきたいです。

Tipsに書きました。

薄さと軽さにこだわったダイニーマスタッフサック

関連記事

ダイニーマ Dyneema® Composite Fabric(DCF)のスタッフサックについて。 薄さにこだわり Dyneema® Composite Fabric Stuff Sack / 0.67oz 写真は0.[…]

 サイズ

お使いの用途に合わせられるように、サイズを多数ご用意しました。ウインドジャケットや小物を入れるため、シュラフを入れるため、着替えを入れるため、テントを入れるため等、様々な使い方があると思います。カスタマイズも可能ですので、ご注文時にご希望をお知らせください。(縦横は最大値以上対応できませんのでご注意ください)

参考までに。キュムラスのX-LITE 200 Zipというダウンシュラフ(重さ390g)を入れているスタッフサックは、25cm-35cmになります。少しキツめですが、押し込んで入れています。余裕を持たせる場合は、それ以上のサイズが良いかもしれません。

付属品

  • 細引きは、エーデルワイス社(フランス)のパワーロープ1mm径を使用しています。
  • コードロックはnifco社の最軽量タイプ(CL5)を使用しています。

重さ

4g~。サイズ20-30で約8gほど

ご注意

できるだけ軽くするために、1mm径の細引きを使っています。ただし、差し替えは可能ですので、少し太めのコードにしたい場合は、プラスチックの紐通しを使い、差し替えてください。金属製の紐通しでは、生地を破いてしまったり、傷めてしまう可能性がございます。

最新情報をチェックしよう!

Dyneema Composite Fabricの最新記事8件

>子供達の日常にUltralightを!

子供達の日常にUltralightを!

高機能アウトドア素材こそ、子供達のウェアや道具に使われるべきではないか。そんな疑問を抱き、子供達にも大人と同じUltralightな道具を使って欲しいと願い、asobitogearは生まれました。

CTR IMG