極薄DCFスタッフサック、在庫販売のお知らせ

asobitogearのこだわりスタッフサックです。他にはない、0.51ozの薄いDyneema® Composite Fabrics(=DCF)を使い、且つミシンを使わずにボンディング(接着)処理で作っている防水性の高いスタッフサックです。

asobitogear(アソビトギア)

防水軽量素材のDyneema Composite Fabricsを使用した、ミシンを一切使わない、ボンディング加工にこだ…

今回の在庫分は、製作過程で生じた生地を使っていますので、本来の商品サイズと異なる部分もありますが、宜しければご検討ください。それぞれ一点で、計5点です。新設した「In Stock」カテゴリに掲載しています。

  • Olive Green/20cm×24cm
  • Blue/20cm×24cm
  • Gray/20cm×25cm・20cm×29cm
  • Camouflage(*0.67oz)/22.5cm×30cm

※若干の誤差はあります。

ただいま、ブランドタグが欠品中です。写真にはロゴが付いていませんが、まもなくタグが到着しますので、接着後に納品致します。そのため、発送は最短で2019/10/29以降となります。ご了承ください。

通常の予約注文も可能です

在庫品ではなく、予約注文も受け付けております。OliveGreen、Blue、Grayの3種類が可能ですが、いずれも手元にある在庫生地限りなので、一定数のご注文が来た場合は、SoldOutになりますのでご注意ください。特に、BlueとGrayは少量しか対応できません。

納期については、2ヶ月ほど見ていただければと思います。(状況により前後します)

夏の予約注文分について

夏に予約注文いただいたお客様分の製作は既に済んでおりまして、順次発送しています。他商品と合わせて購入している方については、そちらの完成を待っての発送となります。もうしばらくお待ちください。

商品について、改めて補足を。

防水性について

ボンディング処理で作っていますので、ミシンの縫い目から漏れるということはありません。縫い目がないですからね。また、制作過程で生じるウィークポイントのボトム部分(正面左下の部分)についても、検証テストの結果を踏まえて補強しています。機会があれば、水を入れて試してみてください。販売品に水を入れて検証した後にお渡しするのは、流石に微妙ですから、やっておりません。

関連記事

DCF(Dyneeema® Composite Fabric )についてのお話。 DCFの疑問 0.51ozのDCF(Dyneeema® Composite Fabric )をスタッフサックとして何度も使用していますが[…]

関連記事

DCF(Dyneeema® Composite Fabric )のスタッフサックを再検証です。 検証方法を変えてみる 前回、なぜか水漏れが起こるという謎の展開でしたが・・・あれは極端すぎるのではないかという疑問もあり、使用する[…]

耐久性

気になりますよね。1.0ozや1.3oz生地のスタッフサックに比べると、確かに厚みはありませんから、その部分が心配だ、気になる。という方もいると思います。

個人的に0.51ozのスタッフサックを丸2年使っていますが、まったく綻ぶことなく一軍としてパッキングの最前線におります。1つだけ、糸が解れてしまっているヤツがいますが、これは不注意から引っ掛けてしまったことによるもの。細い繊維が飛び出しちゃってますけど、使用には問題なく。もちろん、突き刺しなどには弱いので、ご注意を!

関連記事

ダイニーマ Dyneema® Composite Fabric(DCF)のスタッフサックについて。 薄さにこだわり Dyneema® Composite Fabric Stuff Sack / 0.67oz 写真は0.[…]

こんな感じです。大小10個ほど使ってますが、余程の事がない限り、ずっと使い続けられるんだろうなぁと思います。水濡れを気にしなくて良いので本当に助かってます。

最新情報をチェックしよう!
>子供達の日常にUltralightを!

子供達の日常にUltralightを!

高機能アウトドア素材こそ、子供達のウェアや道具に使われるべきではないか。そんな疑問を抱き、子供達にも大人と同じUltralightな道具を使って欲しいと願い、asobitogearは生まれました。

CTR IMG